FC2ブログ

小牧クリニック 当院からのお知らせ

風しん

 風しん関連のお知らせ
2018年第1~32週の風しん患者累積報告数は139人となり、
風しんが流行の兆しを見せています。千葉や東京など関東地方の30代から40代の男性を中心に感染が増えているそうです。

風しんとは
風しんは、風しんウイルスによって引き起こされる急性の風しんウイルスによっておこる急性の発疹性感染症で、風しんへの免疫がない集団において、1人の風しん患者から5~7人にうつす強い感染力を有します。

風しんの症状
感染してから2週間程で症状が表れ、5日間程度下記の症状が続きます。
            風疹③
体のだるさと発熱
ポツポツとした赤い発疹
耳や首の後ろのリンパ節のはれ

ただし、症状だけで風しんと判断することは難しく、抗体検査をしてはじめて確定となります。
子供では比較的軽いのですが、まれに脳炎、血小板減少性紫斑病などの合併症が、2000人~5000人に1人くらいの割合で発生することがあります。大人がかかると発熱や発疹がやや長引く傾向があります。一度感染し治癒すると大部分の人は終生免疫を獲得するので二度と風しんにかかることはありません。

感染力のある期間
発疹の出た時点を挟んで前後2週間くらいが感染力があると考えられます。
ただし気を付けたいのは、ウイルスに感染しても症状が出ない人(不顕性感染)が15%程度いるということです。
症状は無くてもちゃんと免疫ができますが、それはしらぬ間に人に感染させる可能性があるという事になります。

ワクチンについて
風しんの予防のためには、予防接種が最も有効な予防方法といえます。予防接種法に基づく定期の予防接種については、2回の接種をそれぞれ95%以上の人に受けていただくことを目標としてされています。

当院でもワクチン予防接種を実施しております。                               
         風しん 予防接種料 4,200円
      麻疹風しん 予防接種料 7,500円
ご希望の方は、お気軽にお問合せください。
妊娠を考えている方や、そのお相手の方(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある方を含む) は、助成を受けられる可能性がありますので、お住まいの保健所にお尋ねください。


インフルエンザとは?

【インフルエンザとは】
インフルエンザは、突然の発熱とともに、咳、喉の痛み、関節痛、嘔吐、下痢、頭痛など多彩な症状の出ることが多く、1日~5日程続く事があります。又、普通のかぜと違い、強力な感染力があり、いったん流行すると年齢や性別を問わず、多くの人に短期間で感染が広がるので注意が必要です。その種類には、A型、B型などがあり、複数のウイルスが重なって流行することもあるため、1シーズンに2回かかることもあります。
日本では、12月~3月に流行する事が多いです


                        発熱4


【インフルエンザにかかったら】 
インフルエンザの症状が強く、肺炎・脳炎(特に小児)等を合併することもある病気ですので、発症したら、48時間以内に医療機関を受診して、診断・治療を受けてください。症状、診察所見、流行状況などを総合的に判断して行います。迅速診断と呼ばれる検査もありますが、必須ではありません。治療には、対症療法(症状を抑える目的で、解熱薬や咳止めを使用)と、抗インフルエンザ薬によってウイルスの増殖を抑える治療があります。症状等に合わせて、治療法の選択を受けてください


                        聴診1


【食事・生活などの注意】 
食欲が低下することが多いので、消化の良い食べやすいものを摂取してください。感染力の強い病気ですので、学校・幼稚園は、休まなくてはなりません。熱が下がって48時間経過するまで、登校・登園は控えてください。
潜伏期間⇒1~5日
療養期間⇒1週間程度

                         食欲不振1


【予防のための対策】
 ほとんどの場合、咳やくしゃみなどのしぶきに含まれるウイルスによって感染します。マスク等を着用し、なるべく人ごみを避けて、外出後には、手洗いとうがいを心がけましょう。インフルエンザウイルスは湿度に非常に弱いので、加湿器などで室内の適度な湿度を保ちましょう


                        手洗い


インフルエンザ予防接種のお知らせ

 お知らせ
【インフルエンザ予防接種のご案内】
≪受付開始日≫
平成30年10月01日(月)より受付いたします。

本年度も、受付に予約票が置いてありますので、記入または申し出てください。
お電話でも予約受付いたしておりますが、その際お名前・年齢・接種人数をお聞き致します。また、接種希望日(二回目接種は約3~4週間後となります)もその時点でお伺い致します。

 ≪診察時間内にお願いいたします。≫


≪下記の場合再度お申込みが必要となります≫
 お申込みされて、2週間過ぎてもワクチン接種日予約のご連絡が無い場合
 インフルエンザワクチン接種日にご来院されず、連絡が無い場合


≪実施期間≫
平成30年10月15日(月)~平成31年01月31日(木)迄

【インフルエンザワクチン料金】
65歳以上で、市町村の助成を受けられる方は
 小牧市在住の方≪10月15日~12月31日迄≫⇒1回目 1,200円 2回目 3,000円

 愛知県在住の方
        ≪10月15日~12月31日迄≫⇒1回目 1,200円 2回目 3,000円

 市町村の助成を受けない方は、一般の方と同じ料金になります 
        一般(13歳以上)の方    1回目 3,000円  2回目 3,000円
        小児(13歳未満)の方    1回目 2,500円  2回目 2,000円

    小児(13歳未満)の方で1回目を他院で接種された方は 2回目 2,500円となります
 
当院では、1歳以上の方から受け付けております。
  1歳未満の乳児の方は小児科で接種するようお薦めします。
   ご了承ください。

----------------------------------------------------------------------------

小牧市在住の60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓若しくは呼吸器の機能又は免疫の機能に障害を有する方は 一部公費助成の対象になりますが、
当クリニックに受診していない方のみ、証明書等が必要になってきます。
証明書が無い場合は、一般の方と同じ料金となりますので、ご了承ください。
また、愛知県在住の対象者の方で、一部公費助成を受ける場合、お住まいの市町村のインフルエンザ問診票もあわせて必要になります。

分からない点などございましたら、受付でお気軽にお尋ねください。

お盆休みのお知らせ

お盆休みのお知らせ                                                                              
      
     8月11日(土)~8月17日(金)迄 お休みします
         よろしくお願いいたします
                                  事務員21

臨時休診のお知らせ

お知らせ

学会出席のため 6月29日金曜日(夕診)~6月30日土曜日は休診させて頂きます。
大変ご迷惑おかけしますが、宜しくお願いします                      事務員21

 | ホーム |  »

小牧クリニック プロフィール

小牧クリニック

【小牧クリニック】

医療法人啓生会 小牧クリニックでは透析診療、外来診療をおこなっております。
なによりも患者様に安心・納得していただけるよう心がけ、診療させていただいております。地域の皆様のホームドクターとして、お気軽にご利用いただければ幸いです。
→ 小牧クリニックHPはこちら

小牧クリニック カレンダー

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

小牧クリニック カテゴリー