FC2ブログ

小牧クリニック 当院からのお知らせ

インフルエンザとは?

【インフルエンザとは】
インフルエンザは、突然の発熱とともに、咳、喉の痛み、関節痛、嘔吐、下痢、頭痛など多彩な症状の出ることが多く、1日~5日程続く事があります。又、普通のかぜと違い、強力な感染力があり、いったん流行すると年齢や性別を問わず、多くの人に短期間で感染が広がるので注意が必要です。その種類には、A型、B型などがあり、複数のウイルスが重なって流行することもあるため、1シーズンに2回かかることもあります。
日本では、12月~3月に流行する事が多いです


                        発熱4


【インフルエンザにかかったら】 
インフルエンザの症状が強く、肺炎・脳炎(特に小児)等を合併することもある病気ですので、発症したら、48時間以内に医療機関を受診して、診断・治療を受けてください。症状、診察所見、流行状況などを総合的に判断して行います。迅速診断と呼ばれる検査もありますが、必須ではありません。治療には、対症療法(症状を抑える目的で、解熱薬や咳止めを使用)と、抗インフルエンザ薬によってウイルスの増殖を抑える治療があります。症状等に合わせて、治療法の選択を受けてください


                        聴診1


【食事・生活などの注意】 
食欲が低下することが多いので、消化の良い食べやすいものを摂取してください。感染力の強い病気ですので、学校・幼稚園は、休まなくてはなりません。熱が下がって48時間経過するまで、登校・登園は控えてください。
潜伏期間⇒1~5日
療養期間⇒1週間程度

                         食欲不振1


【予防のための対策】
 ほとんどの場合、咳やくしゃみなどのしぶきに含まれるウイルスによって感染します。マスク等を着用し、なるべく人ごみを避けて、外出後には、手洗いとうがいを心がけましょう。インフルエンザウイルスは湿度に非常に弱いので、加湿器などで室内の適度な湿度を保ちましょう


                        手洗い


 | ホーム | 

小牧クリニック プロフィール

小牧クリニック

【小牧クリニック】

医療法人啓生会 小牧クリニックでは透析診療、外来診療をおこなっております。
なによりも患者様に安心・納得していただけるよう心がけ、診療させていただいております。地域の皆様のホームドクターとして、お気軽にご利用いただければ幸いです。
→ 小牧クリニックHPはこちら

小牧クリニック カレンダー

« | 2018-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

小牧クリニック カテゴリー